ロシア・ウクライナ・ベラルーシ探訪 服部倫卓ブログ

ロシア・ウクライナ・ベラルーシを中心とした旧ソ連諸国の経済・政治情報をお届け。

カテゴリ:音楽・映画・番組鑑賞 > 60年前のBillboard

 ロシア・ウクライナ情勢が大変だが、毎週土曜日の息抜き企画を今日もお届けする。60年前のアメリカ・ヒットチャートを振り返るシリーズ。

 さて、この時期になるとそろそろ、モータウン勢がチャートの常連になりつつあった。今週11位のYou Beat Me To The Punch - Mary Wellsは、初期のモータウンを彩った代表曲の一つ。

その頃ソ連では
1962年9月25日:ソ連・キューバ間で漁業協力協定が締結される。

ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
19620929a
19620929b
19620929c

 ロシア・ウクライナ情勢が大変だが、毎週土曜日の息抜き企画を今日もお届けする。60年前のアメリカ・ヒットチャートを振り返るシリーズ。

 さて、時代的に、もうドゥーワップは最晩年という感じだが、今週7位のDuprees - You Belong To Meは、その最後の輝きと言っていい一曲だろう。山下達郎先生の一人アカペラでもお馴染み。

その頃ソ連では
1962年9月2日:ノヴォシビルスク市の人口が100万人を超える。

ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
19620922a
19620922b
19620922c

 ロシア・ウクライナ情勢が大変だが、毎週土曜日の息抜き企画を今日もお届けする。60年前のアメリカ・ヒットチャートを振り返るシリーズ。

 さて、忽然と登場し、今週一気にチャートのトップまで駆け上がったのが、Sherry - Four Seasonsである。これから、とんでもない旋風を巻き起こすことになる。なお、レコード盤のレーベルにはThe 4 Seasonsと書かれているが、ビルボードのチャートではFour Seasonsと記されており、昔はこういうことに関しては大らかだったのか。

その頃ソ連では
1962年9月15日:イラン領に外国ミサイル基地を配備しないことに関するソ連・イラン間の外交ノート交換。

ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
19620915a
19620915b
19620915c

 ロシア・ウクライナ情勢が大変だが、毎週土曜日の息抜き企画を今日もお届けする。60年前のアメリカ・ヒットチャートを振り返るシリーズ。

 今週9位に位置しているRick Nelson - Teen Age Idolは、地味ながら、個人的に好きな曲だ。こういうアイドルの葛藤や孤独を歌った曲というのは、昔からあったんですねえ。

その頃ソ連では
1962年9月1日:ソ連共産党組織を鉱工業部門と農業部門に分離する大掛かりな改革が始まる。

ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
19620908a
19620908b
19620908c

 ロシア・ウクライナ情勢が大変だが、毎週土曜日の息抜き企画を今日もお届けする。60年前のアメリカ・ヒットチャートを振り返るシリーズ。

 さて、日本ではアメリカンオールディーズを代表する一曲のように捉えられているConnie FrancisのVacationだが、実は今週の9位が最高位だったか。こちらに日本語字幕付きのYouTube動画があったので、それをレコメンドしておく。良く考えてみれば、夏休みの歌ということで、夏に売り出されて売れたわけか。

その頃ソ連では
1962年8月27日~9月2日:キューバ統一革命組織の代表団がソ連訪問。

ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
19620901a
19620901b
19620901c

 ロシア・ウクライナ情勢が大変だが、毎週土曜日の息抜き企画を今日もお届けする。60年前のアメリカ・ヒットチャートを振り返るシリーズ。

 さて、今週トップに立ったのが、かの有名なLittle EvaのThe Loco-Motion。Dimensionなんていうマイナーレーベルの作品とは知らなかったが、要するにアルドンミュージックのオーナーらがこういうガールサウンドをやるために1962年にニューヨークで立ち上げたばかりのレーベルだったということで、早速キャロル・キングとジェリー・ゴフィンが健筆を奮って生まれたのがこの曲だった。

その頃ソ連では
1962年8月18日:ベラルーシ共和国ポロツク市の誕生1,100年祭。

ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
19620825a
19620825b
19620825c

 ロシア・ウクライナ情勢が大変だが、毎週土曜日の息抜き企画を今日もお届けする。60年前のアメリカ・ヒットチャートを振り返るシリーズ。

 さて、FBでお知り合いの方に指摘されて初めて気付いたのだが、先週96位にSupremes の Your Heart Belongs To Meがランクインし、今週も95位に着けている。シュープリームスは、私がオールディーズを聴いていて最ものめり込んだアーティストの一つなのだが、記念すべき初チャートインを人に言われて初めて気付くとは、我ながらお恥ずかしい。この2年後には5曲連続ナンバーワンという金字塔を打ち立てる彼女らも、デビュー当時はNo Hit Supremesなどと揶揄されていた。しかし、デビューから2作目のこの曲を早くもTop 100に送り込んだのだから、それほど悪くない船出だった気もする。

その頃ソ連では
1962年8月11~14日:宇宙飛行士A.ニコラエフとP.ポポヴィチの操縦によりヴォストーク3号と4号が初の集団宇宙飛行。

ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
19620818a
19620818b
19620818c

 ロシア・ウクライナ情勢が大変だが、毎週土曜日の息抜き企画を今日もお届けする。60年前のアメリカ・ヒットチャートを振り返るシリーズ。

 さて、今週1位にまで駆け上ったのがNeil SedakaのBreaking Up Is Hard To Doなのだが、個人的にニール・セダカなどは専門分野ではないので、知識が乏しい。「悲しき慕情」という邦題の曲があることは知っていたが、この曲がそうだったとは恥ずかしながら知らなかった。ちなみに、ニールにとってはこの曲が1960年代で唯一のNo.1ヒットだったようだ(1970年代になってから2曲あるが)。

その頃ソ連では
1962年8月11日:シャフタール・ドネツクがソ連カップで優勝。前年に続き2回目の戴冠だった。

ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
19620811a
19620811b
19620811c

 ロシア・ウクライナ情勢が大変だが、毎週土曜日の息抜き企画を今日もお届けする。60年前のアメリカ・ヒットチャートを振り返るシリーズ。

 さて、今週3位に着けているのがBrian HylandのSealed With A Kissなのだが、私はこの曲について勘違いしていたことに気付いた。以前、Bobby Vintonのベスト盤を買ったらSealed With A Kiss(後の時代に録音した感じの雰囲気)が入っていたので、ボビー・ヴィントンの持ち歌だと思っていたのである。正直言うと、この時代の男性アイドル歌手は、ほとんど区別がつかないのだ。

その頃ソ連では
1962年8月3日:漁業技術支援に関するソ連・キューバ間の議定書調印される。

ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
19620804a
19620804b
19620804c

 ロシア・ウクライナ情勢が大変だが、毎週土曜日の息抜き企画を今日もお届けする。60年前のアメリカ・ヒットチャートを振り返るシリーズ。

 さて、今週はチャートの最上位ではないが、19位に良い曲がいた。Isley Brothers - Twist And Shoutである。後にビートルズのカバーによって知名度が高まることになる。

その頃ソ連では
1962年7月31日:ソ連とキューバが逓信協定に調印。

ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
20220728a
20220728b
20220728c

 ロシア・ウクライナ情勢が大変だが、毎週土曜日の息抜き企画を今日もお届けする。60年前のアメリカ・ヒットチャートを振り返るシリーズ。

 さて、まだビートルズに侵略される前の無垢なアメリカ。チャート上位を見ると、これぞアメリカン・オールディーズといった曲がひしめいている。今週1位のBobby Vinton -- Roses Are Red (My Love)も、その典型的な一曲だろう。

その頃ソ連では
1962年7月9~14日:全世界軍縮・平和会議がモスクワで開催される。

ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
20220721a
20220721b
20220721c

 ロシア・ウクライナ情勢が大変だが、毎週土曜日の息抜き企画を今日もお届けする。60年前のアメリカ・ヒットチャートを振り返るシリーズ。

 さて、1962年7月12日にローリング・ストーンズがロンドンのナイトクラブで初のコンサートを開催したということだ。そこで、チャートの中にストーンズがカバーした曲があるかなと思ってざっと探してみたが、残念、見当たらなかった。

 その代り、今週の47位に、ど名曲のThe Miracles - I'll Try Something Newがいるのが目に留まった。はっきり言って、スモーキー・ロビンソンの曲で一番好きかもしれん。

その頃ソ連では
1962年7月12日:ソ連で都市住民を農作業に従事させる慣習が法制化される。

ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
20220714a
20220714b
20220714c

 ロシア・ウクライナ情勢が大変だが、毎週土曜日の息抜き企画を今日もお届けする。60年前のアメリカ・ヒットチャートを振り返るシリーズ。

 さて、今週1位に輝いているDavid Rose & His Orchestra - The Stripperという曲のことは、まったく知らなかった。こちらの動画の様子から見る限り、Stripperというのは、文字通り踊り子のストリッパーのことのようだ。この曲は、4年前の1958年に録音されいったんお蔵入りしていたのだが、Ebb Tideという曲を発売するに当たってカップリング曲がなく、スタッフが古い音源を探したところくだんのThe Stripperが見付かって、それをカップリングにして出したところ、何とB面の方が大ヒットしてしまったということらしい。ビルボード史上最も数奇なNo.1ソングといったところか。

その頃ソ連では
1962年7月11日:後にロシアの作家、ジャーナリストとして活躍するS.ゴルビツキーがモルドヴィア共和国のキシニョフに生まれる。

ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
20220707a
20220707b
20220707c

 ロシア・ウクライナ情勢が大変だが、毎週週末の息抜き企画を今日もお届けする(今回は都合により金曜日に)。60年前のアメリカ・ヒットチャートを振り返るシリーズ。

 今週は、たまにはブルースを取り上げてみようかな。上位ではないけど、71位に位置しているのが、John Lee Hooker - Boom Boom。Vee Jayレーベルだったか。

その頃ソ連では
1962年6月29日:核実験禁止問題に関しソ連政府が日本政府にノート発出。

ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
19620630a
19620630b
19620630c

 ロシア・ウクライナ情勢が大変だが、毎週土曜日の息抜き企画を今日もお届けする。60年前のアメリカ・ヒットチャートを振り返るシリーズ。

 さて、今週7位に着けているのが、The Marvelettes - Playboy。前年に放ったPlease Mr. Postmanに続くベスト10ヒット。YouTubeに色々動画が転がっている中で、個人的にはやはりモノラルシングル盤のこちらの音源を推しておきたい。

その頃ソ連では
1962年6月21日:後にロック歌手として活躍するヴィクトル・ツォイがレニングラードに生まれる。

ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
19620623a
19620623b
19620623c

 ロシア・ウクライナ情勢が大変だが、毎週土曜日の息抜き企画を今日もお届けする。60年前のアメリカ・ヒットチャートを振り返るシリーズ。

 今週は、良く見たら下位の方に自分好みの曲がいたので、それをピックアップ。83位のBenny Spellman - Lipstick Traces (On A Cigarette)である。久し振りのニューオリンズR&Bでした。

その頃ソ連では
1962年6月6~7日:モスクワでコメコン加盟国首相・共産党第一書記会議開催。

ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
19620616a
19620616b
19620616c

 ロシア・ウクライナ情勢が大変だが、毎週土曜日の息抜き企画を今日もお届けする。60年前のアメリカ・ヒットチャートを振り返るシリーズ。

 さて、いよいよビートルズ関係の動きが慌ただしくなってくる頃であり、60年前の1962年6月6日には、4人がロンドンのEMI第3スタジオでパーロフォンのオーディションを受けたそうだ。

 もちろん、ビートルズが米ビルボードHot 100に登場するのは、まだだいぶ先の話。今週は、5位まで順位を上げてきたGene Pitney - (The Man Who Shot) Liiberty Valanceを聴いてみようか。大作曲家バート・バカラックの初期の出世作として知られる。観たことはないが、「リバティ・バランスを撃った男」という西部劇映画の主題歌。

その頃ソ連では
1962年6月4日:ソ連がダホメ共和国(現ベナン共和国)と外交関係樹立。

ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
19620609a
19620609b
19620609c

 ロシア・ウクライナ情勢が大変だが、毎週土曜日の息抜き企画を今日もお届けする。60年前のアメリカ・ヒットチャートを振り返るシリーズ。

 さて、今週1位に駆け上がったのが、あまりにも有名なRay Charles - I Can't Stop Loving Youである。先走って言ってしまうと、実はこの週から5週連続で1位をキープし、レイにとっても生涯で最大レベルのヒットとなるのであった。

その頃ソ連では
1962年6月1~2日:ロシア共和国ロストフ州ノヴォチェルカッスクで労働者の大規模騒乱発生、官憲が発砲して鎮圧。暴動は先週取り上げた食品価格の値上げに反発したものだった。

ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
19620602a
19620602b
19620602c

 ロシア・ウクライナ情勢が大変だが、毎週土曜日の息抜き企画を今日もお届けする。60年前のアメリカ・ヒットチャートを振り返るシリーズ。

 さて、今週1位のAcker Bilk - Stranger On The Shoreという曲を知らなかったので、YouTubeで聴いてみたら、クラリネット演奏によるイージーなインスト曲だった。ロックの時代はもうすぐそこだが、1962年にはまだこんなのどかな曲が大ヒットする余地があったのだな。

その頃ソ連では
1962年5月27日:ソ連で主要な肉製品、乳製品の価格が値上げされる。

ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
19620526a
19620526b
19620526c

 ロシア・ウクライナ情勢が大変だが、毎週土曜日の息抜き企画を今日もお届けする。60年前のアメリカ・ヒットチャートを振り返るシリーズ。

 さて、この頃のチャートを眺め、個人的に最もストライクなのが、今週14位のMary Wells の The One Who Really Loves Youとなる。YouTubeにはいくつか音源が転がっているが、モノラル盤45から起こしたと思われるこちらが音の迫力が一番すごく、お勧めする。モータウンはお上品なCDではなく、多少のノイズはあっても、オリジナル45で聴くのがやはり一番だ。

その頃ソ連では
1962年5月22日:ベラルーシ共和国ミンスク郊外のソスヌィにて、同共和国初の原子炉が稼働。

ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
19620519a
19620519b
19620519c

 ロシア・ウクライナ情勢が大変だが、毎週土曜日の息抜き企画を今日もお届けする。60年前のアメリカ・ヒットチャートを振り返るシリーズ。

 今週チャートの10位に入っているのが、Joey Dee & the Starliters の Shout。黒人ボーカルグループのアイズリーブラザーズが1959年にヒットさせた曲を、白人がカバーしたものだろう。正直言うと、こういうカバーバージョンがあることは知らなかった。ただ、聴いてみたところ、ライブ版ながら、あまり熱狂は感じられなかったかな。どう考えてもアイズリーの方が良い。

その頃ソ連では
1962年5月3日:カザフ共和国で西カザフスタン地方、南カザフスタン地方が創設される。

ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
19620506a
19620506b
19620506c

 ロシア・ウクライナ情勢が大変だが、毎週土曜日の息抜き企画を今日もお届けする。60年前のアメリカ・ヒットチャートを振り返るシリーズ。

 それにしても、この当時は、ガールグループ、ガールシンガーの全盛期だ。1位のThe Shirelles の Soldier Boyもそれを代表する一曲。ところで、ソルジャーボーイとは、直訳すれば「少年兵」ということになると思うのだが、この頃のアメリカンポップスを聴く限り、単に愛しい男の子といった感じで使われているような気がするのだけど、どうだろう?

その頃ソ連では
1962年4月30日:後にソ連~ロシアの有名俳優となるニコライ・フォメンコがレニングラードで生誕。

19620505a
19620505b
19620505c


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

 ロシア・ウクライナ情勢が大変だが、毎週土曜日の息抜き企画を今日もお届けする。60年前のアメリカ・ヒットチャートを振り返るシリーズ。

 何の工夫もなくて恐縮だが、1位の曲に耳を傾けようか。Elvis Presley の Good Luck Charmが1位に輝いている。35位に入っているAnything That's Part of Youはそのカップリング曲。キング、健在。

その頃ソ連では
1962年4月20日:18カ国軍縮委員会に提出された核実験停止に関する中立国8カ国の共同覚書に関連しソ連政府が声明発表。

19620428a
19620428b
19620428c


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

 ロシア・ウクライナ情勢が大変だが、毎週土曜日の息抜き企画を今日もお届けする。60年前のアメリカ・ヒットチャートを振り返るシリーズ。

 さて、今週の5位に位置しているのが、Rick Nelson の Young World。トップアイドルの代表曲のようなイメージがあったが、意外にもこの週の5位が最高位だったか。カラオケ屋に行った時、あったら歌っちゃうよ。

その頃ソ連では
1962年4月11日:ソ連政府が初めてカストロ体制のキューバへの支持表明。

19620421a
19620421b
19620421c


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

 ロシア・ウクライナ情勢が大変だが、毎週土曜日の息抜き企画を今日もお届けする。60年前のアメリカ・ヒットチャートを振り返るシリーズ。

 さて、今週4位にDee Dee Sharp - Mashed Potato Timeという曲が入っている。再三お伝えしているとおり、この頃アメリカは空前のツイストブームだったわけだが、ツイストの他にも一山当てようと考え出されたダンスパターンは色々あり、その一つがマッシュドポテトだった。考案したのはなんとあのジェイムス・ブラウンだったそうだが、最大のヒットはDee Dee Sharpのこの曲だった由。

その頃ソ連では
1962年4月9日:後に映画監督・芸術家として活躍するイーホル・ポドリチャクがウクライナ共和国リヴィウで生誕。

19620414a
19620414b
19620414c


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

 ロシア・ウクライナ情勢が大変だが、毎週土曜日の息抜き企画を今日もお届けする。60年前のアメリカ・ヒットチャートを振り返るシリーズ。

 さて、今週1位に輝いているのが、皆さん大好き、Shelley Febares の Johnny Angel。ただ、Karen Carpenter sings "Johnny Angel" - Better than Shelley Fabares? という別動画のタイトルを目にして、思わず笑ってしまった。そりゃあアイドル歌手のシェリー・フェブレーよりカレンの方が歌はうまいに決まってるだろ。あれ? でも、カレンの歌詞、オリジナルと入れ替わってるね。同様に、竹内まりやのジョニーエンジェルは、歌に加えてオケの完成度もエグい。

その頃ソ連では
1962年4月5日:ジュネーブの18カ国委員会でソ連代表団が戦争プロパガンダ禁止宣言の草案提出。

19620407a
19620407b
19620407c


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

 ロシア・ウクライナ情勢が大変だが、毎週土曜日の息抜き企画を今日もお届けする。60年前のアメリカ・ヒットチャートを振り返るシリーズ。

 ところで、本来なら先週取り上げるべきだったかもしれないが、1962年3月19日にボブ・ディランがデビューアルバムを発売してから、60年の節目を迎えたようだ。

 ただ、ディランがチャートで上位に入ったりするのは、まだだいぶ先の話。今週はちょっとチャートの下の方に注目すると、31位にArthur Alexander の You Better Move Onが位置している。後にストーンズがカバーして有名になる曲であり、ストーンズはこういう必ずしも特大ヒットではないシブい黒人曲をカバーするから偉い(?)といった評価に繋がっていくわけである。

その頃ソ連では
1962年3月19-23日:ソ連とアルジェリアの外交関係樹立。


19620331a
19620331b
19620331c

ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

 ロシア・ウクライナ情勢が大変だが、毎週土曜日の息抜き企画を今日もお届けする。60年前のアメリカ・ヒットチャートを振り返るシリーズ。

 さて、全米を熱狂させるツイストブームはいまだ衰えを知らず、今週9位にはサム・クックよお前もかという感じでSam Cooke の Twistin' The Night Awayが着けている。サム、この曲を表題としたアルバムまで作ったからなあ。

その頃ソ連では
1962年3月18日:グロムイコ・ソ連外相が米国の南ベトナム政策に関する声明を発表。


19620324a
19620324b
19620324c

ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

 ロシア・ウクライナ情勢が大変だが、毎週土曜日の息抜き企画を今日もお届けする。60年前のアメリカ・ヒットチャートを振り返るシリーズ。

 さて、先週から1位を占めているのがBruce Channel の Hey! Babyという曲。それほど耳馴染みがなかったが、自分のライブラリをチェックしたら、スマッシュ・レーベルのコンピと、マーキュリー(スマッシュのディストリビューターがマーキュリーだったらしい)のカントリーCDボックスに一応入っていた。あんまカントリーという感じがしない曲だけどな。

その頃ソ連では
1962年3月16日:ソ連による包括軍縮条約案が公表される。


19620317a
19620317b
19620317c

ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

 戦時下ではあるけれど、毎週土曜日の息抜き企画を続けさせていただく。60年前のアメリカ・ヒットチャートを振り返るシリーズ。

 さて、60年前に、世界の文化史上、重要な出来事があった。1962年3月8日、ビートルズ(ドラムはまだピート・ベスト)がBBCテレビに初出演し、ロイ・オービソンのDream Babyを演奏したのだ。

 今週は、そのビートルズも大いにリスペクトした(というかレノン&マッカートニーのハモりの元ネタとも言える)エヴァリーブラザーズを取り上げてみよう。エヴァリーのCrying in the Rainが、今週6位にチャートインしている。ただ、エヴァリーはケイデンスからメジャーのワーナーに移籍して以降、逆にチャート的には下降線をたどり、キャロル・キング作曲のこの名曲にして、6位が最高位だった。

その頃ソ連では
1962年3月2日:ビルマで軍事クーデター発生、軍事政権はソ連に支援を要請しソ連側もその用意を示す。


19600310a
19600310b
19600310c

ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ

↑このページのトップヘ