bc

 当ブログでもしばらく前に何度か取り上げたロシアの高速鉄道整備構想。その第一弾となるモスクワ~サンクトペテルブルグ路線に関し、こちらの記事でその建設費が伝えられたので、要旨を記しておく。

 記事によると、このほどI.オクラドニコヴァ財務第一次官がタス通信のインタビューに応じ、モスクワ~サンクトペテルブルグ高速鉄道の建設費は、現時点では1.8兆ルーブルに設定されていると述べた。

 「建設工事の総費用は、現在1.8兆ルーブルとされている。また、コンセッション契約の外で行われるが、ビジネスモデルに直接影響する、より大きな運営費もある。財務省は、財務モデルを設定する命令案に合意した。このプロジェクトは高額で、とりわけ経済状況に左右される。そのため、国のすべてのリスクに保険をかけ、コンセッション業者の権利を侵害しないようにした。最近、コンセッション権者であるロシア鉄道とズベルが参加し会議が開かれた。我々はすでに、コンセッション契約書の各条項についての文書を作成している。今週、我々は意見の相違を解決し、コンセッション契約そのものを完成させようとしている」と、第一次官は述べた。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ