kn

 こちらの記事が、2022年のロシア鉄道による貨物輸送実績を伝えているので、軽く取り上げておく。

 記事によると、2022年のロシア鉄道の貨物輸送量は、12億3,430万tだった。これは前年比3.8%減であった。

 減少幅が大きい順に貨物を挙げると、木材の▲24.8%、鉄くずの▲21.5%、コークスの▲15.7%、工業原料の▲13.1%、非鉄金属鉱石の▲8.7%、化学品・肥料の▲6.9%、鉄鋼の▲4.3%、石油・石油製品の▲0.7%などとなっている。建材の輸送量は逆に5.7%伸びた。(注:ロシア鉄道で圧倒的に輸送量が多いのは石炭なのだが、なぜかそれについての言及がない。)

 ロシア鉄道の2022年の貨物減少率は、過去13年で最大のものだった。これまでで最も落ち込みが酷かったのは2009年の15%である。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ