130

 プーチン・ロシア大統領の署名による論文「ロシア人とウクライナ人の歴史的一体性について」がクレムリンHPに掲載されたのは、2021年7月12日のことであった。今思えば、ウクライナへの軍事侵略を正当化するための布石だったとしか思えず、あの時もっと危機感を持てていたらと、反省している。

 それで、だいぶ遅ればせの紹介になってしまうのだが、プーチン論文を受けて、ウクライナのラズムコフ・センターが、それに関する世論調査を行っているので、それを見てみたい。「最近ロシアのプーチン大統領が『ロシア人とウクライナ人の歴史的一体性について』という論文を発表し、その中で、ウクライナ人を個別の民族とする歴史的な根拠は今も昔も存在しないし、ウクライナ人とベラルーシ人を個別の民族としたのはソ連の民族政策の結果であると論じていますが、貴方はプーチンの主張に同意しますか?」という設問への回答状況を示したのが、上図となる。諸事情で画質が悪く恐縮。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ