0142

 GLOBE+に、「プーチン流GoToは不発でも期待されるロシア国内旅行の発展」を寄稿しました。

 注目すべきことに、コロナ禍の中、ロシアでも日本のGoToに良く似た国内旅行促進策が実施されました。しかし、実際に執行されたロシア版GoToの事業規模は、日本のそれよりも2桁ほどスケールが小さいものでした。このように、ロシア版GoTo自体はやや不発だったものの、2020年がロシアの国内旅行産業にとって一つの転機となったことは間違いありません。2020年最後のコラムでは、ロシア国内旅行の問題について語ってみました。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ