20201121

 60年前のアメリカ・ヒットチャートを振り返るシリーズ。画像はクリックまたはタップで拡大します。

 ついに我が家のスキャナーがぶっ壊れたので、今回はスマホカメラでとった画像であり、いつもと質感が違うと思うが、ご容赦を。

 さて、チャートの方は、前回申し上げたとおり、大スタンダードの「我が心のジョージア」はなぜか1週しか1位を取れず、今週はそれに代わってMaurice Williams & The ZodiacsのStayがトップに立った。ノベルティ調のドゥーワップということになるのかな。

 しかし、良く考えたら、個人的にお気に入りのロイ・オービソンの「ブルー・エンジェル」にまだ言及をしていなかったということに気付いたので、今週はそれをプッシュしておきたい。

その頃ソ連では

11月:モスクワで先駆的なサミズダート(地下出版)の一つ「ブーメラン」が創刊される(編集長:V.オシポフ)


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ