19600704

 60年前のアメリカヒットチャートを振り返ってみようのシリーズ。画像は、クリックまたはタップで拡大します。

 今回から、画質をだいぶ改善したつもりだけど、いかがでしょうか。

 さて、今週はファッツ・ドミノに注目してみたい。好きなんですよ、ファッツ・ドミノ。実は、昨年秋に、ドイツのベアファミリーから、ファッツ・ドミノのインペリアル時代の音源を集大成した決定版のCDボックスが出たのだけれど、恐ろしいことに、その存在を知った時には、もう売り切れていた。そもそも、このアイテムは、十数年前に出た同様のCDボックスが長らく欠番となっており、ファンの間で再発が待ち望まれ、そのリニューアル版としてようやく出たものなのに、いきなり売り切れって、どういう部数の設定をしてるのかね。バカなのかな、ベアファミリーって。この恨みは深いぞ。

 まあ、そんなグチを挟みつつ(笑)、7月4日のチャートを眺めていると、31位に赤丸急上昇で、ファッツ・ドミノのWalkin' to New Orleansが入っている。ただ、この曲はまだまだチャートを上がるので、後日改めて取り上げることとして、今週はそのB面曲である90位のDon't Come Knockin' を聴いてみることにしよう。B面にも捨て曲なし!


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ