1

 この5月20日をもって、ウクライナのゼレンスキー大統領が、就任から1周年を迎えた。せっかく議会選挙で大勝して、自派で固めたホンチャルーク内閣を発足させたのに、わずか半年でその内閣を差し替えるハメになったのは、誤算だった。さすがに、国民のゼレンスキーへの圧倒的な支持は、薄らいできている。それでも、個人的には、思ったよりも意外に持ち堪えているという印象の方が強いかもしれない。

 こちらのサイトに、ゼレンスキー大統領の1年間の業績を数字で示した図解資料が出ていたので、紹介することにする。まず上に見るのが内政面での仕事振りであり、193の法律に署名して成立させたとか、45回の地方訪問をこなしたとか、そういったことがまとめられている。

 下に見るのは、外交面での業績である。数字は、公式訪問、会談、電話会談、現地外交団との接見といった形で、様々な国や国際機関と接触した回数を示している。日本とも8回接触と、思いのほか多い。

2

ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ