0097

 GLOBE+に、「ロシア経済の逆襲がここから始まるのか?」を寄稿しました。

 2019年の経済指標が出揃いつつありますが、案の定、パッとしない数字が目立ちますね。最も根幹的な指標である国内総生産(GDP)を見ると、2019年の成長率は速報値で1.3%に留まっています。逆に言えば、このようにロシア経済が閉塞した状況だったからこそ、1月にメドベージェフ内閣が退陣を迫られ、ミシュスチン氏が新首相に起用されたとも言えます。「ナショナルプロジェクト」を軸に攻めに転じるロシア経済は、ここから巻き返していけるでしょうか?


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ