0092

 GLOBE+に、「結局、プーチンの後継者は誰なのか問題」を寄稿しました。

 ロシアのプーチン大統領の現在の任期は、2024年5月7日まで。連続2期目の任期を務めているプーチン大統領は、ロシア憲法の規定により、次の大統領選挙に出馬できません。2024年以降の体制をどうするかが、2020年代前半のロシア政治における最大のテーマとなります。結論から言えば、もちろん現時点でプーチンの後継者が誰かなどということは決まっていませんし、そもそも普通に後継者にバトンタッチするかどうかも不透明なのですが、今回はこの問題を考えてみました。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ