399

 こちらの記事によると、ロシアのトランスネフチ社と、ウクライナのウクルトランスナフタ社は12月3日、ウクライナ領を通じて石油をトランジット輸送する契約を10年間延長することで合意した。両社が既存の契約への追加契約に調印したものであり、これにより契約は2029年末まで有効となった。両社の協力関係の基本点は変わらないが、新たな合意にはこの地域における石油輸送サービスの変化を考慮した条項の修正も盛り込まれている。なお、2019年1~10月の実績で、ウクルトランスナフタは欧州およびウクライナの需要家のために1,261万tの石油を輸送しており、うちトランジットが1,064万tだった。

 焦点になっている天然ガスの話かと思ったら、石油だった。朗報なのではないだろうか。こうやって、両国の利益の一致するところから少しずつでも関係を広げていった方が、結局は両国の戦略的利益にも適うというのが、私の見解である。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ