5158997

 私個人は無関係だが、本日4日から6日まで、ロシア極東のウラジオストクで、「第5回東方経済フォーラム」が開催される。

 フォーラムの花形と言えば、投資案件の署名である。こちらの記事によると、2015~2018年に同フォーラムの枠内で総額8.7兆ルーブルの投資契約が調印されたということである。最高記録は2018年であり、総額3兆1,080億ルーブルに上る220件の調印があった(むろん、その多くは調印だけして実際には始動していなかったり、同じ案件についての合意を形を変えて繰り返したりしているわけで、8.7兆ルーブルの真水がロシア経済に注がれたわけではないが)。

 記事によれば、過去の大型契約のベスト10は、以下のとおりだという。

  1. 9,480億ルーブル。2015年に結ばれたアムール・ガス加工工場。
  2. 7,960億ルーブル。2017年に結ばれたナホトカにおける石油化学・石油精製工場。
  3. 5,000億ルーブル。2016年に結ばれたアムール・ガス化学工場。
  4. 3,877億ルーブル。2016年に結ばれたナホトカ肥料工場。
  5. 3,600億ルーブル。2018年に結ばれたチュコトのバイムスカヤ銅・金鉱山開発。
  6. 2,100億ルーブル。2018年に結ばれたアエロフロートによるスホーイ・スーパージェット100機購入。
  7. 985億ルーブル。2016年に結ばれたマガダン州ナタルキンスコエ金鉱の開発。
  8. 695億ルーブル。2018年に結ばれたカムチャッカLNGターミナル。
  9. 630億ルーブル。2016年に結ばれたサハ共和国ヴェルフネムンスコエ・ダイヤモンド鉱山の開発。
  10. 600億ルーブル。2015年に結ばれたボリショイカメニ湾におけるズヴェズダ造船所への投資。

ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ