190717_-1

 ロシア連邦国家統計局が2019年上半期(1~6月期)のGDP速報値を発表するのはもう少し先になるが、それに先駆けて、経済発展省による推計値が発表された。こちらのサイトこちらのニュースで伝えられている。

 経済発展省によれば、2019年上半期のロシアのGDPは、前年同期比0.7%増であった。0.7%という低調な成長率は、総需要の低さによるものであり、ゆえにインフレ率も7月半ば時点で年率4.5%へと低下している。現時点では、成長に貢献しているのは鉱工業であり、それ以外の商業、建設、運輸といった基幹部門の成長率はほぼゼロであると、同省では解説している。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ