Krasne_kr_gerb

 コウノトリの紋章シリーズを続けてきたけれど、ちょっと気分を変える。上に掲げたのは、ウクライナ・ドネツク州にあるソンツィフカという村の紋章。なお、2016年までは「赤」を意味するクラスネという名前だったが(上掲の紋章はクラスネのままになっている)、ポロシェンコ政権の反共産主義・ソビエト主義的地名廃止キャンペーンの一環として、ソンツィフカに変わったようだ。唐突にこの村を取り上げたのは、ここが大作曲家のS.プロコフィエフの出身地と知ったからだ。紋章の上段は石炭が採れることを、下段は偉大な作曲家の生誕地であることを表しているのであろう。もしかしたら、このまま石炭か音楽の紋章シリーズに突入するかもしれない。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ