smp

 ロシア当局は北極海航路の通年利用を目指しており、こちらの記事によると、2035年に通年利用を開始し(期限は厳守)、貨物量は年間1.3億tに拡大することになるという。これは、ロシア政府付属分析センターが関係会議の際に提出したプレゼン資料に示されたものである。2024年までには貨物量は年間8,000万tに拡大し、2027年には北極海航路全海域での夏・秋の航行が、カラ海南西部では冬~秋の航行が開始される。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ