51

 以前、「ロシアと中国の国境地域協力 キーワードは『三橋一島』」というコラムを書いたことがあるが、その続報である。3つの橋の中で、ニジネレニンスコエ・同江間の鉄道橋につき、このほど進展が伝えられた。確認しておけば、このプロジェクトは、ロシア・ユダヤ自治州のニジネレニンスコエと、中国の同江とを、両国間では初となる鉄道橋(全長2,209m、総工費90億ルーブル)で結ぼうというものである。2018年4月頃に、労働者への賃金未払いが原因でロシア側の工事が遅延しているといった情報も伝えられたが、2018年9月の東方経済フォーラムにおいて、2019年の開通を目指す方針が確認された。そして、こちらの記事によれば、それぞれ両岸から建設されていた橋が、このほどついに接合したということである。ロシア側が4月2日に発表した。次の段階では、鉄道の路盤などの関連インフラの敷設作業が行われる。現段階の見通しでは、橋の建設が完了するのは7月で、年内の開通が予定されているということである。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ