safe_image

 このほどロシアの経済発展省は、外国によるロシアに対する通商制限措置と、その撤廃の成果についての報告を発表した。こちらのサイトこちらの記事が伝えている。

 これによると、2018年にロシアは、外国による32の通商制限措置を撤廃させることに成功した(アンチダンピング調査の終了なども含む)。除去された被害額は、年間3.3億ドルに相当する。

 その一方で、外国によるロシアに対する通商制限措置は、2018年末現在で62ヵ国による159が残っている。それによる年間損害額は63億ドルに上ると想定される。国別で大きいのは、EUの24.2億ドル、米国の11.7億ドル、ウクライナの7.8億ドル、トルコの7.1億ドル、インドの3.8億ドルなど。産業部門別では、冶金39.9億ドル、農業11.0億ドル、化学6.4億ドル、自動車3.1億ドルなど。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ