300

 きわめて珍しいことに、ウクライナ絡みのポジティブな話題が伝えられた。日経のこちらの記事が、次のように伝えている。

 アパレルPRを手がけるワンオー(東京・渋谷)はウクライナのダウンブランド「ムーングース」からジャケットなど17種類のダウン製品を2019年秋冬シーズンから発売する。日本における独占輸入販売権をこのほど獲得した。ウクライナのモナコレクション社が自社工場で一貫製造する商品で、保温性が高く、最高級といわれるホワイトグースのダウンを使用する。男性用、女性用の双方をそろえ、ジャケットのほかベストやスカートを用意した。ダウン製品の価格帯は税別4万9千~13万5千円。百貨店やセレクトショップで9月ごろに販売を始める予定だ。

 アパレルに疎い当方は「ムーングース」というのをまったく知らなかったので、調べてみた。ウェブサイトはこちらであり、英語とロシア語のページがある(ウクライナ語はない)。会社案内はこちらのページに出ていた。これによると、「ムーングース」というのは会社名ではなくブランド名であり、「第一キエフダウン製品工場」が2016年に立ち上げたブランドということである。工場自体は1946年創業と歴史のあるところで現在はダウン原料および製品を欧米および日本に供給するトップメーカーとなっている。ウクライナで唯一、ダウン製品を一貫生産する工程を有しており、その優位を活かしてプレミアム品質の製品を手頃な値段で供給できる、とうたっている。日本の伊藤忠商事とも協力関係にあると書かれている。

 なお、上掲のとおり、日経は「ウクライナのモナコレクション社が自社工場で一貫製造」と伝えているが、モナコレクションのHPはこちらで、モナの方はダウン寝具を専門としており、そちらのメーカー名は「キエフダウン工場モナ」と記されている。「第一キエフダウン製品工場」と「キエフダウン工場モナ」が同一経営のものなのか、確認がとれなかった。


ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ