20160124

 休日のよもやま話だが、最近新しいテレビを買ったら、デフォルトでネットフリックスに対応していた。ネットフリックスというのは、元々は米国のDVDレンタル業者だったらしいのだが、最近では映像コンテンツのストリーミング配信で世界展開し、2015年9月からは日本でもサービスを開始した。料金はプラン別に月額650円、950円、1,450円となっているが、1ヵ月無料お試しが可能だったので、それを試してみた次第である。

 結論から言えば、こりゃ麻薬だ。止めた方がいい。当方は、数日間試した上で、「これは危険薬物だ」と判断し、すぐさま退会手続きをとった。

 ていうか、サービスとしてはとても良くできていて、良くできているがゆえにアブナいのである。テレビでは、ドラマとか、アニメとか、シリーズものが有力なコンテンツとなるだろう。ネットフリックスでは、たとえば第1話を観終えると、放っておけば、第2話が自動再生されるようになっている。仮にそこで視聴をやめても、次にネットフリックスにアクセスした時に、前回の続きから再生できるようになっている。シリーズものを、ストレスなく続けて視聴するためには、とても優れたインターフェースである。

 しかし、これが厄介な依存性を発揮する。第1話を観終わって、続きが非常に気になっている状態で、すぐに第2話が無料で手軽に(ネットフリックスの機能では自動的に)再生できる時に、それを断ち切るのは勇気が要る。つい、第2話も、第3話もという具合に、エンドレスに続きを観てしまう。かく言う私も意思の弱いタイプで、全26話もある「未来少年コナン」を、3晩で観てしまった。私は体験したことがないが、アメリカのテレビドラマシリーズなど、ものすごく面白く、はまる人が多いという。そんなものをネットフリックスで観て、歯止めが利かなくなる自分を想像すると、恐ろしい。

 思うに、このネットフリックスという代物は、ブレーキのない自動車のようなものであり、「便利かつ安価に観まくる」というアクセルだけを備えた商品なのだろう。定年退職して膨大な時間がある人ならともかく、普通の社会生活を営んでいる人はまず手を出さない方がいいのではないかというのが、私の結論だ。映像にしても音楽にしても、最近は定額のストリーミング配信で安価かつ大量にコンテンツを楽しめるようになっているが、時は金なりということを考えると、個人的には慎重に距離を置きたいと考えている。

 それにしても・・・・・・。ネットフリックスで十数年振りにタダ観して、未来少年コナンは、とんでもない傑作だと、改めて思った。あらゆる登場人物が、いや人物ならぬ豚物までもが輝いている。

20160124-2

ブログランキングに参加しています
1日1回クリックをお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ